制度

メンター制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンター制度とは

職場での仕事指導(コーチング、ティーチング)とは別に、メンター(相談役)と対象者の1on1ミーティングを通して、新卒を始めとする若手社員の精神的支援を行う制度です。

メンター(相談役)は直属の上長ではなく、育成経験の豊富な先輩社員が担当。経験豊富なメンターが若手社員の仕事やメンタル面でのフォローをしてくれます。

メンター制度の様々なメリット

メンターの役目は単なる悩み相談に留まりません。対象者が抱える様々な悩みや課題を解消しつつ、働く目的、キャリア開発、組織への適応、成長実感といった、前向きなモチベーション形成を手助けし、対象者の【マイ・カンパニー】としての自立を促します。

また、この制度は教える側であるメンター自身にも成長を促します。対象者の育成を通して傾聴と共感によるサーバントリーダーシップ(支援型リーダーシップ)を学ぶ「メンター自身の成長と育成」の場でもあるのです。

メンター制度はZEALの理念である「物心両面の豊かさ」を追求するものとして、社内コミュニケーションの活性化に貢献しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*