「お金」を逃がさずオトす方法。

「お金」を逃がさずオトす方法。

こんにちは!
連休中に暴飲暴食して現在食欲が皆無な人事部1年目・高橋です。

お金ってどうしていますか?

生きていく上で大切なことは沢山あると思いますがその中の1つにお金が挙げられます。
私は大学時代に周りの友人はしょっちゅう「お金がない!」と言っていたり、
果ては「お金を使わないと世の中が回らない」と言い出す人もいました。
私は「使うからお金が減っていくんじゃん」なーんて(笑)
あくまで私が思うに、お金が貯まらない人の特徴はお金への対応ができていないことだと思うのです。

どれか当てはまる人は・・・

わかりきっていることだとは思いますが、
お金は無限にあるわけではありません。

1. お金を月に何回も口座から引き落とす
2. カードを使う
3. 外食したり、コンビニに通いがち

大まかにですが、この3つに特に当てはまる人は浪費癖が激しく、お金と縁がない人です。
高校生、特に大学生はお金を稼げること・時間を自由に使えることに嬉しくなり、
あるだけのお金をそのまま使ってしまうことはよくあると思いますが、
再現なく使ってしまうと財布がすっからかんになり寂しい思いをすること間違いなしです・・・

お金をオトす方法はズバリ貯金

私はお金がなくなってしまう人を横目に、自分なりに考えた方法で貯金を心掛けていました!

1. 給料の半分を貯金
私は実家暮らしをしていたため出来ていたことだと思います。(実家にいさせてくれた両親にひたすら感謝です・・・)
一人暮らしの方はまず難しいと思うので、
例えば3分の1とか、最悪は1万円だけ貯金でもそれを続ければ1年で12万円は貯まります。
後は最低限の方法として500円玉貯金も地味に貯まるのでお勧めです^^

2. 口座から現金を引き落とすのは月1回
浪費癖の方は常に銀行カードを所持して、必要な時におろすことがパターン化してきています。
私は銀行カードがあればATMによってすぐに引き落とそうという欲がでてしまうことを恐れて、
給料日の翌日に来月の給料日まで使える分を一気におろして、銀行カードは家にお留守番させていました。
銀行カードを携帯する・しないで大分浪費癖を抑えられます。

3.クレジットは使わない
おそらく浪費癖してしまうNo.1の要因ってクレジットにあるのではないでしょうか?
確かに、現金で払えないものをクレジットカードを出せば一発で下ろせてしまうのは非常に便利!・・ではありますが、
裏を返せばそれだけお金が出て行ってしまっていることになります。
私は一度クレジットカードを作ったことがあるのですが、結局多用してしまうことを恐れて引き出しの奥底に放置しています(笑)

「なかなか貯まらない」「もっと余裕が欲しい」など、お金ナイナイ病を治したい方は是非上にある3つの方法を試してみてください!
今よりも貯まることは間違いなしです。

ただし貯金が全てではない

今まで言ってきたことをひっくり返すんかい!って皆さん心の中でツッコんでいると思うのですが💧
貯金ルールで縛られて、例えば買いたいものを買えない・食べたいものを食べられない・行きたいところへ行けない、ということもゼロではありませんでした。
今、定年退職をするまでに2000万は必要と言われています。
今後年金をもらえる可能性は希望薄なので、それよりも貯めていかないと生きていけないかもしれない・・・
ということを頭の片隅に、程よく貯金しつつ、でも我慢はせずに今を謳歌する。
そういう人生もありですよね!
なので、恋愛と同じように「お金」に縛られ過ぎず、なおかつ上手く貯金しながら自由に生活するのが一番です。
先程も貯金のオススメ方法を書いてみましたが、自分に合いそうなものから試してみて上手く付き合う方法を模索してみてください♪

雑記カテゴリの最新記事