10年後生き残るのは…?

10年後生き残るのは…?

こんにちは。
夜からのはずが朝から突然雨が降ってきましたね・・
初めてコンビニでビニール傘を買って悔しい思いをしている、人事部1年目の高橋です。

10年後

さて、皆さん突然ですが10年後について想像したことはありますか?
例えば自分が今働いている仕事、これから就職する企業先の仕事、様々だと思います。
その仕事は果たして10年後まだあるのか?
仕事に対して不安になる方は多いと思います。

そもそも現在はAIITが発展していって生活は以前よりも格段に豊かになっています。
それがプラスにもそしてマイナスにも働いている部分もあります。
今ですら工場では人件費削減の為に機械化が進んでいます。
もしかしたらホテルの受付も、銀行マンの仕事も、配達業がドローンでできたら・・・
つまり人間の仕事って豊かになっていく半面で、どんどん奪われているのが現状です。

そこで思い出してほしいのがZEAL

ZEALではトラックなどの商用車をリユースする仕事です。
リユース・リサイクル市場の規模はここ10年で2倍も拡大していることにより、今後もなくならないと言われています。
来年にオリンピックが迫ってきているとはいえ、景気は良い方とは決して言えません。
だからこそ、新品で高価なものを買うのには抵抗があります。
ましてや乗用車より商用車の方が大きくはるかに高いです。
新品を買うよりは中古を買う方がより安く済むし、
なおかつZEALは海外をターゲットにしているおり、発展途上国へ貢献しています!
例えば道路整備であったり、ゴミ収集車の代わりとして使われていたりと、
実はただいらなくなった商用車は海外の特に発展途上国では役に立っています!
世界196か国のうち75%もの国が発展途上国なので今後もZEALがやっていることが世界の人々への貢献へつながっていく事は間違いありません。

これからの仕事で必要なこと

AIやITが侵食している世の中だからこそ、
仕事に、自分に、付加価値を付けていく事、
そして人間ならではの味即ち人間力を出していく事が今後生き残っていくためには必要になってきます。
私の好きな言葉で「Plus Ultra(もっと先へ)」があります。
常にこの気持ちを忘れないで10年後、そしてその先まで進んでいきたいです。

参考文献:
https://www.msn.com/ja-jp/money/news/10年後を予測%ef%bc%81これから伸びる業界、沈む業界/ar-AAGrMCN?ocid=spartanntp#page=2

 

雑記カテゴリの最新記事