【社内報記事】長濵 大地がフィリピンに行く理由

【社内報記事】長濵 大地がフィリピンに行く理由

社内報記事、紹介します。

どうも!山川です。

今回はZEAL社内で毎月発行している社内報の記事を1つ紹介します。

6月発行分の特集「販売事業部特集」にて、5月よりフィリピン勤務を始めた入社4年目社員「長濵 大地」さんを紹介しました。
タイトルは「長濵 大地がフィリピンに行く理由」です。

↓記事はこちらから↓
===========================================

2019年5月19日、海外販売部の長濱さんがフィリピンに旅立ちました。
前のめりで海外勤務を志願したという長濱さんの手記です。  

 

本社大会議室でポーズを決める長濱 大地さん

こんにちは、海外販売部の長濱です!2016年入社の4年目社員です。 元ZEAL軟式野球部員、4月までは関東支店で営業をしていました。

今年の5月から販売部に異動して、20日からフィリピンにいます。 今回、僕がどうして海外販売をやりたいと思ったのか、お話しようと思います。 よろしくお願いします!

これからは海外勤務が当たり前に

実は僕、もともと海外で働きたいと思っていたんです。フィリピン勤務のお話を山口エリア長にいただく前から、チャンスがあればやってみたいと思っていました。 このことを人に話すと「野球しかやってこなかったのに、どうしてそんなこと考えてたの?」と言われます。事実ZEALも野球メインで採用されましたし、思い出は野球ばかりです。

海外に興味を持ったきっかけは大学です。僕は天理大学の国際学部に通っていました。 そこには外国人の学生がたくさん通っていました。別にどこの国から何人がきているとかはわからないのですが、僕の感覚だとフィリピン人、ベトナム人や中国人など、アジア各国から留学してきている人が多かったかなと。

そんな環境で過ごしていたので、「周りが外国人ばかり」という状況に抵抗がないんです。就職に関しても海外で働きたいなと思っていました。というより「これからはきっと海外に行って働くのが当たり前になるんだろうな」と思っていました。

今年の4月、エリア長から声をかけてくださった時、とても光栄に感じました。そして「海外で働くチャンスがきた!」と思い、「行きます」と即答しました。

エリア長からも「いつ帰れるかわからないけど、大丈夫か?」と念を押されましたが、全く気にならなかったです。逆にこのチャレンジは今しかできないと思います。彼女もいないですし(笑)

何事もやってみないとわからないですし、行ってみないと何もわからないです。そしてどうなるかわからないから楽しみです。昔からいい意味でも悪い意味でも前向きと言われていました。今回はいい意味で前向きにしていきたいです。

海外展開のパイオニアに

僕の仕事は、ZEALの海外販売の業務フローを作ることです。フィリピンでまず販路開拓のノウハウを作り成功させる。成功すれば、そのノウハウを使って同じように別の国に販売ルートを作っていく。他の人が行っても同じように成功する仕組みを作って、ZEALの取引国をどんどん増やしていきたいです。

海外の新規開拓のパイオニアとしてやらせてもらえることに、この仕事の重要さにとてもやりがいを感じています。

僕は全く英語ができないですので、まず英語力が僕の当面の課題です。また販売の仕事を覚えることも課題です。今はパートナーさんやお客さんとのやりとりをベイグさんがしてくれています。英語の勉強と仕事の勉強、工夫しながら並行して進めていきます。これは僕の努力次第。もうフィリピンに来たんだから、できないなんて言い訳にならないです。いい意味で自分を追い込んでいきます。

今はまだ始まったばかりの販売事業ですが、ゆくゆくは買取と同じ規模にしたいです。買取が500台買い取ったら、販売は500台を売るという感じです。そのために販路を拡げ、売れる国をどんどん増やしていきます。まずはフィリピンで頑張ります!

フィリピンフォト

最後に、フィリピンに来てから撮影した写真も載せさせていただきます! こんなところで働いています!

 

フィリピンオフィスの外観です。

 

夜のフィリピンです。

 

追記:その後の長濵 大地さん

記事はここで終わりましたが、この記事を公開してから2ヶ月が立っています。
最近、経営陣がフィリピンに行った時、長濵さんに会ったそうです。

なんでも、英語も喋れるようになり、現地の業者さんともコミュニケーションが取れるようになっていたそうで、
「すごく成長していた」ということをみんなの前で話していました。

これからのさらなる活躍を期待しています。

頑張れ長濵 大地!!

 

フィリピン・スービックの港にて

ZEAL情報カテゴリの最新記事