東京都軟式野球大会にZEALが参戦しています。

東京都軟式野球大会にZEALが参戦しています。

春季大会真っ最中

新入社員も入り、また新しい期が始まっています。
今年入社した14名はすでに各地へ配属されていきました。
時々連絡をとるのですが、新人くん・さんたちも慣れない環境で戸惑いながらも、前向きに頑張ってくれているようです。

そしてその新人くんたちの勇姿を拝むべく、21日の日曜日は府中球場に行ってきました。

実はこの日、ZEAL軟式野球部の公式戦がありました。彼らが参加している大会は

「2019年度 東京都春季軟式野球大会 1部」

といいます。

この大会で勝ち上がったチームは社会人軟式野球大会の最高峰、「天皇賜杯」へと進めます。
ZEALはこの天皇賜杯優勝を目指し、日々練習に取り組んでいます。

この試合はその3回戦。ベスト4を決める試合です。

初回からZEAL打線爆発!

相手チームは「株式会社エコ・プラン」。11時15分より少し早めにプレイボール。一回表は相手チームの攻撃。
ZEALのエース右腕、渡辺選手が140kmを超えるストレートで3者凡退で幸先のいいスタート。

その投球がチームに勢いを与えます。
続く裏のZEALの攻撃、相手チームの先発ピッチャーを攻め立てます。

フォアボールと3連打が絡み一気に3点を先取。
人事部のエース・大部選手もタイムリースリーベースの大活躍です!

 

大部スリーベースヒットの瞬間。

140km超を捉える相手打線

これは楽勝ムードか??と思って見ていましたら、そこは相手も東京都ベスト8。
尻上がりに調子を上げていきます。

普段は
「バットをボールにかすらせないくらい圧倒的(大部談)」
というくらいの渡辺さんの豪速球ですが、2回以降初ヒットが出たと思うと、徐々に相手打線は渡辺さんの球を捉えるように。

3回に2点返され、重苦しい雰囲気が漂います。

ZEAL打線も湿り気味。
2回以降、立ち直った相手ピッチャーの好投に5回までノーヒットに抑えられます。

その後、5回に一点を返されとうとう同点。
その裏も無安打に抑えられ、6回の表、連打を浴びて1アウト1,2塁のピンチに。

「これ、もしかしてやばくね?」
と思い始めたところ、ここで渡辺さんがギアを上げます。

149kmでねじ伏せる!

 

力投する渡辺康介投手

バッター二人を140kmのストレートでねじ伏せ、完全にシャットアウト。
最後の一球はなんと149km(マジスゲー)!
球速表示をみてどよめくZEALスタンド。

一気に勝ち越し

この力投に勢いがついたZEAL打線。
6回に久しぶりにヒットが出たと思うと、相手守備のエラーも絡んで1、2塁のチャンスを作ります。

この回は残念ながら無得点に終わってしまいましたが、
次の7回表も3人で終了。

7回裏には勢いがついた打線が爆発
連打、エラー、凡打、連打で一気に2得点。
勝ち越しを決め、先発ピッチャーを引きずり降ろします。

なおも2アウト1,2塁のチャンス。バッターは将来有望な新卒キャッチャー・二見くん。

「一気に勝負を決めたんでー!」

と意気込む二見くんに、後ろから声。審判の方が何やら話しかけています。

なんかあったのかな?
と思って見ていたら、突然試合終了の声。

???????

タイムアップで試合終了

試合時間は2時間でした。

時間がきてしまったとのこと。時間を見ると、13時15分。試合開始からちょうど2時間です。
最初から2時間以内と決まっていたようです。

というわけで、ZEALの勝利が決定!
見事準決勝に駒を進めました。

 

最後はスタンドに礼

準決勝が天王山

次の試合は4月27日。場所は稲城中央公園野球場。
準決勝と決勝を同日に行うダブルヘッダーです。

大事なのは準決勝。
実は東京代表として天皇賜杯に出場できるのは2チーム。なので準決勝で勝てば全国大会出場決定です!

相手チームは「株式会社スリーボンド」。
昨年の東京都の主要4大会のうち、3大会で優勝した強豪チームだそうで、一番の強敵です。

もちろん強敵だからとひるむZEALではない。
大部選手もやる気まんまん、「絶対勝ちます!」と啖呵を切ります。

ここが天王山。
絶対に負けられない戦い in 稲城。

27日はZEAL社員の多くが応援に駆けつける予定です。
チームの勝利に一喜一憂できるところが、ZEALに野球が根付いている証かと。

場所、日程の詳細は以下の通り。
京王相模原線「稲城駅」より徒歩20分くらいです。
ぜひ応援にきてください!

試合詳細

【日程】
4/27(土)

【時間】
9:00〜 準決勝「ZEAL vs スリーボンド」
13:30〜 決勝「未定」

【場所】
稲城中央公園野球場

【住所】
稲城市向陽台四丁目1番地の1

【最寄駅】
京王相模原線「稲城駅」より徒歩20分

野球カテゴリの最新記事