トラック、バス、重機、商用車の高価現金買取、安価販売いたします。

トラック買取の無料査定依頼

入庫車両一覧

入庫車両一覧

11月30日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
HANIX
油圧ショベル
登録日:2017年11月30日
年式: 不明
距離: 
詳細を見る
11月30日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
コマツ
油圧ショベル
登録日:2017年11月30日
年式: 不明
距離: 5,521h
詳細を見る
11月30日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
コマツ
油圧ショベル
登録日:2017年11月30日
年式: 不明
距離: 4251h
詳細を見る
11月29日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
クボタ
油圧ショベル
登録日:2017年11月29日
年式: 不明
距離: 3,381h
詳細を見る
11月28日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
クボタ
油圧ショベル
登録日:2017年11月28日
年式: 不明
距離: 4,601h
詳細を見る
11月28日買取!!

御成約済車両

油圧ショベル
HANIX
油圧ショベル
登録日:2017年11月28日
年式: 不明
距離: 
詳細を見る

油圧ショベルとは建設現場などで掘削作業に使用される、大きなショベルのついた重機のことです。フランスのメーカーの登録商法である「ユンボ」や、日本メーカーの製品名である「パワーショベル」の名称で広く知られており、重機の代表的存在のひとつといっていいでしょう。

ディーゼルエンジンを動力源としており、最近では燃費向上を目的としたハイブリッド型のものも販売されています。ショベルを動かす油圧ポンプの動力は、ディーゼルエンジンそのもの、ディーゼルエンジンによって動作する発電機、あらかじめ積載している電気モーターの3タイプがあります。いずれも油圧を利用してショベルを動かすという点では同じで、油圧ショベルの名前の由来もここからきています。

建設現場や解体現場など、整地されていないところでの使用を想定しているため、走行装置に「キャタピラー」の登録商標で知られるクローラーを装着しているものが大半ですが、ゴムタイヤを装着しているものもあります。クローラー式は公道を走ることは不可能で、トラックなどで運搬しなくてはなりませんが、ゴムタイヤ式はそのまま公道を走行できるというメリットがあります。しかし、不整地での安定性はクローラー式に比べて劣っているというデメリットもあります。

査定依頼

サイトマップ案内

ページのトップへ