トラック、バス、重機、商用車の高価現金買取、安価販売いたします。

トラック買取の無料査定依頼

入庫車両一覧

入庫車両一覧

11月10日買取!!

御成約済車両

アトラス
日産
アトラス
登録日:2017年11月10日
年式: 平成11年(1999)
距離: 
詳細を見る
11月09日買取!!

御成約済車両

キャンター
三菱
キャンター
登録日:2017年11月9日
年式: 平成5年(1993)
距離: 330000km
詳細を見る
11月02日買取!!

御成約済車両

エルフ
いすゞ
エルフ
登録日:2017年11月2日
年式: 昭和62(1987)
距離: 214,300km
詳細を見る
10月31日買取!!

御成約済車両

コンドル
日産
コンドル
登録日:2017年10月31日
年式: 平成11年(1999)
距離: 315,102km
詳細を見る
10月30日買取!!

御成約済車両

キャンター
三菱
キャンター
登録日:2017年10月30日
年式: 平成7年(1995)
距離: 209,052km
詳細を見る
10月26日買取!!

御成約済車両

エルフ
いすゞ
エルフ
登録日:2017年10月26日
年式: 平成5年(1993) 
距離: 126,500km
詳細を見る

タンク車とは、タンク型の荷台をつけた貨車のことを言います。積荷は主に、灯油やガソリンなどの石油製品、化学物質などの気体や液体、そしてセメントなどです。タンク車のつくりとしては、鋼材を組み合わせて作られた台枠の上に、積載装置となる円筒の形をしたタンクを搭載している形になります。積荷である気体や液体、セメントなどは梱包や包装などをせずに、タンクの中に直接注入して搬送します。これをバラ積み、バルキー輸送と言います。タンク車は、積荷と積載装置が直接触れ合うため、腐食性の有無や比重など、積荷の化学的性質や物理的性質に応じてその構造は異なります。この理由により、各車両には専用種別といって、特定の品目だけを積載することが定められています。石油類の専用種別は一つですが、沸点の高い重油を運ぶものと、沸点の低い灯油や軽油を運ぶものとでは、安全装置や荷卸装置などの構造が異なってきます。また、日本においては、1893年に石油製品を輸送する目的として使用された車両がタンク車の始まりとされていますが、現在使われている円筒の形をしたタンク車の使用は、1900年に開始されたとされています。当初は、油槽車と称されていましたが、1928年に行われた国鉄貨物の称号改正によって、現在のタンク車に変わりました。

査定依頼

サイトマップ案内

ページのトップへ