トラック、バス、重機、商用車の高価現金買取、安価販売いたします。

トラック買取の無料査定依頼

入庫車両一覧

入庫車両一覧

09月14日買取!!
Sグレート
三菱フソウ
Sグレート
登録日:2017年9月14日
年式: 平成13年(2001)
距離: 173,600km
詳細を見る
09月13日買取!!
810
いすゞ
810
登録日:2017年9月13日
年式: 昭和60(1985)
距離: 534,184km 
詳細を見る
06月06日買取!!

御成約済車両

ビックサム
日産
ビックサム
登録日:2017年6月6日
年式: 平成16年(2004)
距離: 1,756,582km
詳細を見る
03月15日買取!!

御成約済車両

Sグレート
三菱
Sグレート
登録日:2017年3月15日
年式:  平成19年(2007)
距離: 636,628km
詳細を見る
03月09日買取!!

御成約済車両

プロフィア
日野
プロフィア
登録日:2017年3月9日
年式: 平成17年(2005)
距離: 171,600 km
詳細を見る
02月06日買取!!

御成約済車両

コンドル
ニッサンディーゼル
コンドル
登録日:2017年2月6日
年式: 平成5年(1993)
距離: 400,000km
詳細を見る

シャーシとは、車の足回りの機構、又は自動車の車体を除いた全ての機構のことを言います。また、フランス語で枠という意味であり、自動車のフレームを指します。トラックのような商用車の製造を行っているメーカーは、シャーシと運転席のみ、シャーシとボンネットのみ、シャーシのみといったような車両を出荷しています。これによって、キャンピングカーや救急車などのように別途で、ボデーを架装することができます。また、シャーシは、電力発生装置や伝動装置、走行装置などで構成されています。現在においては、多くの乗用車がモノコック構造を用いており、フレームを使っている乗用車の数は少なくなってきましたが、重量物を取り扱うトラックなどの自動車は、モノコック構造ではなくフレーム構造が主に使われています。また、自動車の開発において基本構成部品という意味でのシャーシは、別の車種を派生できます。そしてモノコック構造においては、基本構成部分の具体的な意味をなすシャーシではなく、基本構成部分の概念的なプラットフォームとして、エンジンやパワートレイン、ボデーやトランスミッション、そしてシャーシである足回り部分が位置づけられています。また、フレーム構造においては、基本構成部分の概念的なものをプラットフォーム、具体的なものをシャーシと言うことがありますが、これらはほぼ同義です。

査定依頼

サイトマップ案内

ページのトップへ