GAMES

トップ

>

試合情報

>

試合結果

>

試合結果詳細

RESULTS

試合結果

2019.4.6

平成31年度 東京都春季軟式野球大会(1部) 1回戦

SCORE

  • TEAM
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • TOTAL
  • ZEAL
  • 2
  • 1
  • 1
  • 2
  • 1
  • 3
  • 1
  • 11
  • 清瀬ビクトリー
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
  • 延長
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • TOTAL
  • 川口市役所
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • ZEAL
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

REPORT

初回に松原(3年目)がショートのエラーで出塁すると、松本(1年目)・藤野(1年目)の連続タイムリーで2点を先制。
2回にも松原がヒットで出塁するとすかさず盗塁して三矢(3年目)が送り、松本のセンターへの犠牲フライで1点追加。
その裏に先頭に死球を与えてしまい、次の打者に送りバントでピンチとなり、レフトへのタイムリーヒットで1点を許す。
3回には太田(2年目)・二見(1年目)・渡辺(2年目)の3連打で1点を追加するが、
清瀬ビクトリーは先頭が2ベースヒットを打ち、次の打者がしっかりと送りバントを決めると1アウト3塁からショートへの内野安打で1点を取る。
4回以降はZEALのペース。
松本が四球を選び出塁し代打の大部(2年目)がヒットで続くと二見の打球をライトがエラーし2点追加。
5回は松原がレフトへのヒットと松本が四球を選び藤野のショート内野安打で1点。
6回は太田がレフトオーバーの3ベースヒット、渡辺の2ベースヒットと松原、三矢が四死球をもらいチャンスを作ると松本のタイムリーヒットでこの回3点。
7回は大部がヒットで出塁し二見が死球で1,2塁とすると、渡辺のこの日3本目のタイムリーヒットで1点。
その裏、渡辺が3人で抑えて試合規定の時間切れで勝利。

TEAM DETA

ZEAL

  • 投手

    渡辺(7回)

  • 捕手

    二見

  • 2塁打

    渡辺

  • 3塁打

    太田

  • HR

清瀬ビクトリー

  • 投手

    山口(4回)岡野(3回)

  • 捕手

    近藤

  • 2塁打

  • 3塁打

  • HR