GAMES

トップ

>

試合情報

>

試合結果

>

試合結果詳細

RESULTS

試合結果

2018.03.11

平成30年度OP戦 vsリコーロジスティックス①

SCORE

  • TEAM
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • TOTAL
  • ZEAL
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
  • リコー
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 延長
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • TOTAL
  • 川口市役所
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • ZEAL
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

REPORT

3月11日に猿ヶ島球場(神奈川県)でオープン戦が行われた。
相手は全国大会で準優勝と実績のあるリコーロジスティックス。
先攻のZEALは、二回に4番米川(5年目)がチーム初ヒットで出塁すると続く松原(2年目)がバントヒットで繋ぎ、太田(1年目)のフィルダースチョイスも絡んで、ノーアウト満塁のチャンスを作る。しかし、後続が1-2-3のホームゲッツーで2アウト2.3塁の場面にするも、最後はサードゴロでチャンスを逃してしまう。ZEALの先発は先週に引き続き渡辺が登板し、悪い流れを断ち切るべく、初回から3者連続三振を奪う力投を見せる。流れを引き寄せたいZEALナインは六回に再びチャンスが訪れる。前打席でツーベースを放っている若本(2年目)が、三遊間を痛烈に破るレフト前でチャンスメイク。続く三矢(2年目)がすかさず俊足を生かし内野安打でランナーを溜める。1アウト2.3塁で5番松原(2年目)がスクイズを決めZEALが先制し、松原の足も勝ち出塁する。太田の打席で、暴投間にそれぞれ進塁し三矢がホームインで二点目が入る。渡辺は九回を被安打2本に抑えるピッチングでZEALを勝利に導いた。

TEAM DETA

ZEAL

  • 投手

    渡辺

  • 捕手

    根建

  • 2塁打

    若本

  • 3塁打

  • HR

リコー

  • 投手

    森本(6)-関根(2)-半澤(1)

  • 捕手

    真部

  • 2塁打

  • 3塁打

  • HR