トラック査定なら ZEAL(ジール)トラック査定のポイントを高価買取専門ZEAL(ジール)が、お教えします!

トラック査定って??なにするの?査定のポイントのイメージ画像

【トラック査定のポイント】

う・嘘だろ??うちのトラック査定ってこんなに安いの・・・イメージ画像

トラック査定の価格相場を知ろう

トラック査定の相場は、これからトラックを売る誰もが気になることです。
どこを見て、価格が変わるのかわからないと自分のトラックがいくらなのか、
知っておかないといざ見積もりを出されても、
適正な価格なのか、もっと高く買いとってもらえる方法があるんじゃないかと疑ってしまいますよね。
下記の表に、一般的な査定相場をまとめています。
平成27年7月14日の調査報告から算出しております。
トラック査定全体の相場と、トラック査定の平均坪単価です。
実際に買取をした金額から算出した結果なので、査定の目安としてご活用いただけると思います。


トラック査定前にチェック!

中古トラック査定のポイントを押さえて高額買取のチャンスをつかみましょう。

トラック査定員が依頼を受けて中古車両を査定する際は、数多くのチェック項目を確認し、総合的に判断して買取金額を決定いたします。 むろん!その項目の中には、「年式」「腐食」など、お客様にとって不利と思われる点もあるかもしれません。「とても古いトラックだから」「荷台がさびているから」と、初めから買取額を諦めていらっしゃる方は全国に大勢いらっしゃいます。 しかし、査定基準はそれだけではありません。 実はその中でも特に買取額に影響しやすい数点のポイントを事前に知っておくだけで、さらにご満足の高価査定に近づく可能性が大いに高まることを、あなたはごぞんじでしょうか。 査定基準を理解し、該当のカ所は前もって手入れしておくことをお勧めいたします。年式が古いトラックでも、重要部分の状態が良ければ十分に高額買取が可能なのです。


私達(トラック査定業者)は、ここを見ますのイメージ画像

トラック査定【重要ポイント】

  1. 【トラック査定ポイント】フレームに打刻された“車台番号”
  2. 【トラック査定ポイント】車体の“傷”や“へこみ”の程度
  3. 【トラック査定ポイント】“エンジンルーム”の内部
  4. 【トラック査定ポイント】見落とししてませんか?“運転席クリーニング”

1.【トラック査定ポイント】フレームに打刻された“車台番号”

「車台番号」とは、トラック1台1台に与えられた固有の識別番号です。車検証やコーションプレート(銘板)、そして“フレーム”と呼ばれる部品に打刻されており、それぞれの番号が一いたしているかどうかを査定員は必ず確認します。この確認作業はトラックの査定上、最も重要な工程と言われています。 フレームはキャブや荷台、タイヤ等すべての部品が組付けられ、「トラックの背骨」とも呼ばれる重要な部品です。フレームのさびや腐食が進行すると、車台番号が隠れてしまう恐れがあり、1文字でも見えなくなったトラックは最悪の場合、業者によっては買取拒否されてしまうケースも少なくありません。 車検が残っていれば職権打刻で新たに車台番号を打ち直すこともできますので、トラック査定時に査定員に相談するか、あるいは事前に陸運局で打刻してもらいましょう。また既に車検が残っていない場合でも、条件によっては高価格の査定額がつく可能性があります。 車台番号を守る対策として、フレームがさびないように定期的に洗車することをお勧めします。特に海岸周辺や積雪地域はさびやすい環境ですので、付近を走行する際には特に足回りをよく洗うなどの注意が必要です。

2.【トラック査定ポイント】車体の“傷”や“へこみ”の程度

トラックは乗用車と比較すると寿命が非常に長い車両であり、小さな傷やへこみは経年に応じてどうしても付いてしまいます。多少の程度は買取業者間でも許容範囲と判断され、査定額への影響はほとんどありません。反対に、傷がなくきれいな車両は、非常に良い車両とみなされ加点評価されます。 傷の位置や数の多さによっては評価に影響させざるを得ないのは事実ですが、傷の多さを気にして査定前にトラックを修理する事は、お客様にとって不利益になることがあるのでお勧めできません。修理にはそれ相応の費用がかかり、修理せずに買取した方がお客様にとって得になる場合も多いのです。一度、修理した方が良いかどうかを査定員に相談してはいかがでしょうか。 また、“車体の傷やへこみ”の中には事故が原因にもなります。ここで重要な点として、事故発生により生じた傷の位置がキャブ(運転席)とボディ(荷台)のどちらにあるかを確認しましょう。例えばトラックの荷台のみに傷が出来ている場合、位置によっては見た目に比べてあまり査定額に影響しないということもありますので、諦めないことが肝心です。

3.【トラック査定ポイント】“エンジンルーム”の内部

普段使用するトラックですが、普段エンジンルーム内の点検まではなかなか行えない方が大多数を占めています。その原因のひとつはエンジンルームの位置にあります。トラックのエンジンルームはキャブを上げないと確認することが出来ません。査定員がトラック査定する際には適切な順序でキャブを上げ、オイル漏れなど各所の点検を行います。重要なチェック項目カ所が多数詰まっており、不具合がある場合は減額の対象にもなります。万が一トラックのメーカー保証が残っている場合は、物によっては修理に出した後に査定に出した方が良いと判断されることもあります。トラックの心臓に当たる部分ですので、不安がある方は早めに査定員に伝えておいた方が良いでしょう。

4.【トラック査定ポイント】見落とししてませんか?“運転席クリーニング”

査定員は、トラックの動作に関わるカ所や表面の傷ばかりを評価するわけではありません。お客様から買取したトラックはその後、新たな購入者様が会社やご自宅で使用する割合が大半を占めており、特に運転座席周辺の清潔さに関しては、トラックの査定項目の中でも重要なポイントのひとつに数えられています。 特に注意したい点は、“運転席内のにおい対策”。座席シートの多少の汚れについてはクリーニングで落ちる程度であれば査定額にほぼ影響は出ませんが、染みついたにおいはクリーニングでも消えにくい傾向にあり、減額につながる恐れがあります。車内で喫煙されている場合、既ににおいが定着してしまっている可能性がありますので、普段から気を付けておくと良いかもしれません。

この他、査定の際には上記以外にも数多くのチェックポイントをスピーディーに確認いたします。トラックの査定に関して不明点や不安がある方は、お気軽にご相談ください。

トラック査定ご希望の方へ

トラック査定ポイント:査定はこちらからお気軽にどうぞ!

トラック査定!高価買取の車両一覧

トラック査定車両:いすゞギガ
トラック査定車両:日産UDビックサム グリーン
トラック査定車両:日産UDビックサム ホワイト
トラック査定車両:三菱ふそうスーパーグレート
トラック査定車両:日産UDクオン
トラック査定車両:日野プロフィア

トラック査定はこちらからお気軽にどうぞ!